健康ブログ

《医師直筆》ウォーキング!負担の無い正しい姿勢や歩き方!

からだプラン編集部

 

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です。

 

普段は総合診療医として働いています。

 

最近はダイエットにウォーキングを使う人が増えてきて、とても嬉しいですね。

 

 

今日は外来でもよくある会話を、ご紹介したいと思います。





患者さん
「先生、最近ウォーキング始めたからほめてちょーだい」

 

橋本
「お、えらいやん。いい子いい子。」

 

患者さん
「ところで先生、正しい歩き方ってあるの?やり始めたら少しこだわりたくなってきてさ。」

 

橋本
「素晴らしいね。まあ、インストラクターの先生とかに教えてもらった方がいい事もあるが、俺のやり方で良ければ教えてあげよう」

 

患者さん
「やったねん。ついでに正しい走り方と座り方もお願い。」

 

橋本
「(あ、面倒な事になってきた、、、)やっぱコラム読んで(´◉◞౪◟◉)笑」

 

 

という事で、今日は「正しい歩き方」について書いてみたいと思います。

 

ちなみにこのコラムの内容は、以前当社が行っていた「姿勢改善教室」の内容をまとめたものになっています。

 

教室に参加していた人は、復習として活用してくださいね(*´▽`*)



☆人は重力を受ける、二足歩行の動物である

ご存知の通り、人間の身体は重力の影響を受けて生きています。

 

その時に、変な姿勢でずっと動いていると、負担がかかりやすい場所が出てきてしまいます。

 

その時に痛みやすいのは、骨と骨がくっついている場所、すなわち関節です。

 

人間の身体には沢山の関節がありますが、特に負担がかかりやすい場所は、です。

 

それらを痛めないためには、正しい姿勢を学ぶ必要があります。



☆正しい歩き方の前に、正しい姿勢を知る

まず、正しい姿勢について、詳しく見ていきたいと思います。

 

正しい姿勢とは、「うまく重力が分散される姿勢」です。

 

イメージがわきやすいように、一つクイズを出したいと思います。

 

パソコンでずっと猫背で前かがみの姿勢をとっている人と、いつでも背筋がピシッとして立っている人の、どちらが「腰」という一か所に負担がかかりやすいでしょうか。

 

そうですね、パソコン作業の人の方が、ずっと腰に負担をかけていそうですね。

 

少し難しくなってしまうのですが、より詳しく説明すると、正しい姿勢は、背骨のアーチを利用して、重力をバランスよく分散できる仕組みを利用できているかどうか、になります。

 

その姿勢はすなわち、「壁に背中をぴたっとくっつけている姿勢」の事を言います。

 

くっつけるポイントは、①頭の後ろ ②背中のでっぱり(肩甲骨) ③お尻 ④かかと の四つです。

 

試しにやって見て頂くと分かるのですが、「どこか一か所に力がかかってしまっている」という感覚は無いと思います。

 

それが「重力が分散されている姿勢」なのです。



☆正しい歩き方

ついに本題の、正しい歩き方について、詳しく見ていきたいと思います。

 

正しい歩き方とは、「うまく重力が分散される姿勢」を歩き方に応用したものです。

 

ポイントがいくつかありますので、意識して試してみてください。

 

①真っすぐ前を見る

背中を壁にぴったりくっつけた姿勢の時に、眼は下を向いたり上を向いたりしていなったと思います。

 

首を下に向ければ首の後ろ側や肩の周囲に負担がかかるのがイメージしやすいと思います。

 

歩くときは、真っすぐ前を見て歩くことを意識してみてください。

 

②しっかり胸を張る

しっかり胸を張って歩きましょう。

 

正しい姿勢の時にどうなっていたかを思い出してみてください。

 

胸を張っていたと思います。

 

もし胸を張らないと、猫背になってしまい、その分、背中や腰に負担がかかってきてしまいます。

 

正しい姿勢は、まるで威張っているような姿勢なのです。

 

③骨盤を立てる

とてもイメージが湧きにくいのはこれだと思います。

 

ちょっとイメージしてもらうために、これから二つの歩き方をしてみてほしいと思います。

 

一つは「がに股」で歩いてみてください。

 

「おら、おら、おら、おら」というような「O脚」のイメージです。

 

次に「女性歩き」で歩いてみてください。

 

膝を内側でくっつけるような「X脚」のようなイメージです。

 

いかがでしょうか。

 

どちらも辛くありませんか?

 

これは、骨盤が寝すぎたり立てすぎたりしてしまうせいなのです。

 

イメージとしては、膝を前に向けて、「骨盤がいい具合に立つ」ような歩き方をイメージしてみてください。

 

簡単にまとめると、「O脚」にも「X脚」にもならないような、丁度その「中間」のイメージです。



④膝を前に向ける

さて、③の骨盤を立てるのにとても似ているのですが、もう一つ意識すると良い事が、膝を前に向けるという事です。

 

先程のがに股歩きや女性歩きは、膝や腰に重力がかかってしまいます。

 

きちんと真っすぐ膝を前に向けて歩くことで、重力がうまく分散され、痛みのない正しい姿勢で歩くことが出来ます。

 

⑤全体的に重心は後ろに

最後に、これだけでも良いというぐらい大切なイメージをお話したいと思います。

 

それは、重心の位置です。

 

私たちは思ったよりも、前かがみで生活しています。

 

例えば、スマホやパソコン、手作業、前に向かって歩くなど、かなりの時間が前かがみです。

 

ちょっと周りの人を見渡してみてください

 

びっくりしてしまいますよ(^◇^)

 

前かがみの人とピシッとした姿勢の人で、どちらの方が腰に重力がかかってしまいそうでしょうか。

 

やはりピシッとした方が良さそうですね。

 

それが、「重心を後ろに」というイメージです。



他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません