健康ブログ

《医師直筆》生活習慣を大切にすると決めた時のメリット!

からだプラン編集部


こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です。

 

普段は内科医として働いています。

 

からだプランにお越し頂き、ありがとうございます。

 

皆さんもご存知の通り、病院にはたくさんの患者さんが来院します。

 

その中には、ゆっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、きっと良くなるだろうな、と思う患者さんも沢山います。

 

そこで、からだプランの出番です!

 

からだプランでは「楽しく、正しく、いい身体♪」をモットーに、医学をたくさんの方に楽しんでもらえるよう、健康コラムを書いています。

 

今回は「生活習慣の優先順位は何番目にしていますか?」というタイトルです。

 

かくいう私自身、昔から外食ばかりで、生活習慣にはあまり興味がありませんでした。

 

しかし、やっぱりスポーツがやりたくなって身体を動かし始めると、どうしても生活習慣を整える必要性が出てきますし、風邪をひく度に辛い思いをします。

 

そこで今回は、生活習慣の優先順位が高い事のメリットを挙げてみたいと思います。

 

まずはいつも通り、外来でよくある会話を(冗談交じりで)ご紹介したいと思います。





患者さん
「先生、正直に言って、私の中で、あんまり生活習慣とか興味ない。というか、どうでもいい。」

 

橋本
「うんうん、思っていても、病院で医者にそれ言っちゃおしまいだよね、うんうん(;´∀`)」

 

患者さん
「私の場合、血液検査でアブラが引っかかっているわけだけど、それで心臓の病気になりやすいから気をつけろって言われたって、仕事とか家族とか遊びとか、そういうのの方がよっぽど大事。」

 

橋本
「まあごもっともだ。俺もこのコラム書いてて、今0時19分。仕事人間も生活習慣を後回しにしやすいからね。」

 

患者さん
「?まあ、何言ってるか分からないけど、とりあえず私を突き動かせるだけの生活習慣を良くするメリットを挙げておくれよ。寝ずに(・ω・)ノ」

 

橋本
「言ったな!じゃあ寝ずに聞けや~~!(@_@)」




☆人の生活は、その人の価値観と優先順位で決まっている

ちょっと医学ではないんですが、行動分析学の考え方を応用して、お話したいと思います。

 

人は生まれてから大人になるまでに様々な体験をして成長して、脳を発達させていきます。

 

例えば、「運動神経があるね、運動が上手だね」と言われて育つと、「自分は運動が出来る得意かもしれない」と自信をもって、運動好きになる可能性があります。

 

そして好きになったり得意な事は、上手くいく可能性があるので、その人にとっての優先順位が高くなり、一日・一週間・一か月間・一年を通して、使う時間が多くなりやすかったりします。

 

反対に、苦手な事やうまくいかない事は、どんどん優先順位として後回しになっていきます。

 

例えば、運動が嫌いな人はどんどん運動が後回しになっていきますし、食事に興味が無い人はどんどん食事が後回しになります。

 

そういった生活の中での、優先順位は成長過程で大きく変化する事があります。例えば健康についてです。

 

人は、病気になって辛い思いをした時に初めて、健康の大切さに気づきます。

 

その時の辛い思いは、その人の優先順位を変える大きなモチベーションに変わります。

 

そして、調べを続けると、健康は「生活習慣」が元になっている事に気づきます。

 

すなわち食事と運動と睡眠です。

 

これらの活動が人の生活であり、病気になるかどうかを左右する事がはっきり分かるのです。

 

それでは健康を維持する生活習慣を見ていきましょう。




☆毎日の適度な運動

生活の中に、適度な運動をとり入れましょう。

 

まずは今より10分でもいいので、体を動かすことを始めましょう。


運動は、肥満をはじめとするべての生活習慣病の改善へとつながります。

 

最初から激しい運動でなく、無理せず続けられる軽い運動から始めましょう。

 

毎日続けることが大切なので続けられる範囲で頑張りましょう。

 

☆禁煙!!!

タバコには多くの有害物質が含まれており、肺がんなど健康に多大な悪影響を及ぼします。

 

なかなかタバコがやめられず悩んでいるかたは、禁煙外来のある病院に行き、しっかりとした禁煙プログラムを実行してみましょう。




☆良い食事、良い食習慣

健康を維持する生活習慣の基本は食事です。

 

体によくない食事や、食習慣を続けることで、生活習慣病につながります。

 

下記の項目に思い当たるものがないか注意しましょう。


・濃いめの味付けを好む
・野菜を食べない
・ファストフードやコンビニ弁当をよく食べる
・朝食を食べない
・夜食を食べてしまう
・お腹いっぱい食べてしまう
・早食い

 

塩分を取りすぎない

塩分の摂取は、1日男性9g未満、女性7.5g未満が適量と言われています。

 

高血圧や動脈硬化を予防にもつながるので、塩分控えめの食事を心がけましょう。 

 

油っぽい食事を避ける

油を使った食事はできるだけ控えましょう。

 

肉類は調理法を変え、下茹でや湯通しするなどして工夫しましょう。

 

野菜をたっぷりとる

野菜に含まれる食物繊維には、コレステロール値を低下させることが分かっています。

 

目安としては1日に350g以上とることをおすすめします。 

 

お酒を飲みすぎない

お酒は中性脂肪を増加させます。飲み過ぎには注意が必要です。

 

また、肝臓を休ませるために1週間に1日は休肝日をもちましょう。




毎食後歯を磨こう

むし歯や歯周病は自覚症状がないままにどんどん進行していきます。

 

食べた後には丁寧なブラッシングを心がけましょう。

 

 

☆ストレス解消

心の健康は体の健康に直結します。

 

自分に合ったリラックス方法を見つけて、ストレスを感じたら早めに対処しましょう。

 

仕事や人間関係などで強いストレスを感じると、血圧が高くなります。

 

またストレスを解消するために食べすぎたり、飲みすぎたりすることによって肥満や糖尿病の原因にもなるので注意しましょう。


まず大切なことは自分のストレスに気づくことです。

 

そして休日には趣味や好きなことに取り組み、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

温泉やマッサージなども効果的です。

 

 

☆規則正しく十分な睡眠を

質の良い睡眠には、疲れた身体をリラックスさせ、疲労を回復させる効果があります。

 

早寝早起きを心がけ、規則正しい睡眠をとりましょう。




他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません