病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》自重トレーニングの効果やメリットとデメリット

☆自重トレーニングの基礎知識

自重トレーニングとは

自重トレーニングとは、自分の身体の重さを利用した筋力トレーニングです。

 

スクワット、腕立て、腹筋、背筋などが当てはまります。

これらはなんの器具も使わず、なんの重りも使うこともありません。

 

ウェイトトレーニングの違い

ウェイトトレーニングとは、器具を用い、あえて身体に強い負荷をかけて行うトレーニングのことをいいます。

 

自分の身体の体重以外のものを重りとして使うことで、効率よくトレーニングを行う事ができます。

 

ですから、ウェイトトレーニングと自重トレーニングは区別されると理解しましょう。




 ☆自重トレーニングをやるメリット

自重トレーニングは様々なメリットがあります。

 

このメリットは基本的に、ウェイトトレーニングのデメリットとトレードオフの関係になっています。

 

自重トレーニングは気軽に始められる

スポーツジムに通い続けることにも、ダンベルを買うことにも、少なからずお金がかかります。

 

自重トレーニングの一番の魅力は、道具を必要とせず、気軽に行えることにあるといえるでしょう。

 

また、自重トレーニングは、道具だけでなく場所を選ばない事も魅力の一つです。

 

工夫次第では、お風呂がわくまでの数分間にスクワットをやってみるなど、日々の生活の中に取り込む事ができます。

 

自重トレーニングは安全である

自重トレーニングは、怪我のリスクが小さいといったメリットがあります。

 

自分の身体の重さ以上の負荷がかかる事がないため、大怪我にはつながりにくいと言えます。

 

バランスよく鍛えられる

自重トレーニングの魅力として、その練習メニューの豊富さもあります。

 

また、マシンによる支えがないため自分でバランスを取る必要があり。

 

一度で様々な筋肉が鍛えられます。

 

同じような動作でも、身体の角度を少し変えてみたり、負荷をかける手や足を逆にしてみたり、などのやり方のちょっとした工夫で、自重トレーニングのバリエーションは非常に多彩になっていきます。




☆自重トレーニングが物足りなくなるとき

自重トレーニングのデメリット

これまで自重トレーニングの良さを中心に話をしてきましたが、何事にも一長一短あります。

 

反対に自重トレーニングのデメリットについて触れるなら、それはなんといってもかけられる負荷の量に限界があるという点にあります。

 

ある程度筋トレを行なっていて、すでに身体に筋肉がついている人からしてみれば、物足りなく感じられてしまう場合もあるでしょう。

 

ウェイトトレーニングをやってみよう

自重トレーニングが物足りなくなったらウェイトトレーニングを始めることをオススメします。

 

さらに言うなら、極力、専任のコーチから器具の正しい使い方などを習うことができるパーソナルジムをお勧めします。

 

なぜなら、ウェイトトレーニングは負荷をかけるため、正しく行わないと効果が薄いだけでなく、怪我や事故につながるリスクがあるからです。




☆まとめ

今回は、自分の体の重みだけを使ったトレーニング方法の話をしました。

 

「自分の身体にも重さがあり、身体を支えるために自分の身体の筋肉が使われている」ということはあまり意識することもないかもしれません。

 

自重を使ったトレーニングは、器具を必要としないので、気軽に始められます。

 

興味を持ったら、今日から始めてみませんか?




 

自分で運動を続けるのが難しい人は、最近は家にいてもヨガを教えてもらえるサービスもあります!

 

興味のある人は覗いてみてはいかがでしょうか!?

 

<詳しくはこちらをクリック>