健康ブログ

《医師直筆》体幹トレーニングのススメ!腹筋の鍛え方について

からだプラン編集部

☆腹筋と体幹についての基礎知識

腹筋について

「腹筋を鍛える」といった言い方は日常会話ではよくなされますが、医学的には「腹筋」という名前の筋肉は実はありません。

 

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋といったお腹のまわりの筋肉を総称して「腹筋」と呼んでいます。

 

また、これらの筋肉は、すべて身体の中央部分に位置することもあり、身体のなかでも重要な役割を果たしています。

 

体幹について

最近はテレビなどで取り上げられる事が多く、プチブームとなっている体幹です。

 

しかし、体幹、という言葉を正確に知っている人は多くありません。

 

体幹というのは呼んで字のごとく、「体」の「幹」つまりそれぞれ2本ずつの手足を除いた、胴体まわりの筋肉の全体を指すものです。

 

手足の筋肉に比べると、体幹にある筋肉には意識が向かいにくく、鍛えることの重要性を実感することが難しいかもしれません。

 

しかし、こうした体幹にあたる筋肉があるからこそ、手足の筋肉も十分に力を発揮できるという関係があります。

 

体幹がしっかり鍛えられていないうちから手足の筋肉ばかりが発達してしまえば、重たい筋肉を体が支えられなくなり、十分にパフォーマンスが高まりません。

 

こうしたこともあり、体幹のトレーニングは、筋トレのビギナーから熟練者まで、すべての人にとって非常に重要になるのです。




☆体幹を鍛えるメリット

インナーマッスルとアウターマッスルについて

ところで、インナーマッスルという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

これも体幹という言葉と同様に、医学的にはそういう名前の筋肉はありません

 

筋肉には、体の内側のところのほうにあるものもあれば、表面に近いところにあるものもあります。

 

そのため、前者の総称をインナーマッスル、後者の総称をアウターマッスルと区別するのです。

 

体幹を支える筋肉の多くが、インナーマッスルに分類されます。

 

一方、アウターマッスルと呼ばれる筋肉は、手足にあるものが多いです。

 

例えば上腕筋があります。

 

力こぶを作る筋肉、といえば想像しやすいかと思います。

 

ですが、インナーマッスルには、例えば力こぶのような、目に見えた派手さや、わかりやすさがありません。

 

では、これを鍛えることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

姿勢がよくなる

インナーマッスルは体のやや内側にある筋肉であるため、背骨を支えることにも重要な役割を果たすものがあります。

 

そのためインナーマッスルを鍛えることは、背骨を支える軸を強化して姿勢をよくします。

 

その結果として、腰痛や様々な関節痛を予防する効果もあります。

 

また、姿勢が良くなることで、体がスリムに引き締まって見えるようになるという、美容効果も生まれます。

 

持久力・体力が増す

体幹を鍛えることは、言ってみれば、手足の筋肉を使う土台の方を強くすることを意味します。

 

体幹トレーニングが十分でないうちに、手足の筋肉だけを先につけてしまうと、その筋肉の重さに体は耐えきれなくなってしまうのです。

 

結果として、持続的に高いパフォーマンスを保ち続けることが難しくなってしまうのです。

 

つまり、体幹にあたる筋肉をしっかり鍛えることで手足の土台がしっかりしたものになります。

 

それにより持久力・体力が増します。

 

胃腸の調子が良くなる

インナーマッスルは、背骨なども支えますが、内臓も支えています。

 

つまり、インナーマッスルが鍛えられると内臓の位置などもしっかり正しい位置に固定されることになります。

 

これによって、胃腸の調子が整い、もたれにくくなったり、便秘になりにくくなります。

 

筋トレによって胃腸の調子が良くなるというのは少々意外に感じる人もいるかもしれませんが、体の奥の方にある筋肉であるだけに、そうした各種の生理現象にもインナーマッスルは関わってきます。

 

例えば、腹筋の中で一番奥にある腹横筋という筋肉があります。

 

この筋肉は、腹圧をかけるときに働きます。

 

つまり、この筋肉が強ければ、便通が改善されやすいのです。





 

☆まとめ

今回、外側から目につきにくい「縁の下の力持ち」の筋肉のことを取り上げました。

 

筋トレはなにも、外から見てすぐにわかる強そうな人を目指したい人だけがするものではありません。

 

むしろ、ダイエットしたい、健康したいといった現実的なニーズに沿った筋トレをするなら、体幹やインナーマッスルこそが鍛えるべき筋肉だと言えるかもしれません。




他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません