病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》マイナス思考なら日記でメンタルを強くしよう!

 

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です。

 

普段は総合診療医として働いています。

 

からだプランにお越し頂き、ありがとうございます。

 

皆さんもご存知の通り、病院にはたくさんの患者さんが来院します。

 

その中には、ゆっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、きっと良くなるだろうな、と思う患者さんも沢山います。

 

そこで、からだプランの出番です!

 

からだプランでは「楽しく、正しく、いい身体♪」をモットーに、医学をたくさんの方に楽しんでもらえるよう、健康コラムを書いています。

 

今回は「マイナス思考の人必見!メンタルを強くする日記のすすめ」というタイトルでコラムを書いてみたいと思います。

 

かくいう私も昔からメンタルが弱く、いつも悩んでおりました。

 

そして、医師として働くにつれて、人それぞれに合ったメンタルを強くする方法がある事を知りました。

 

このコラムでは、メンタルを強くする方法の一つとして、日記という方法を伝授したいと思います。

 

まずはいつも通り、外来でよくあるやりとりを(冗談まじりで)ご紹介したいと思います。





患者さん
「ねえねえ先生。私はなんでメンタルが弱いんでしょう?」

 

橋本
「人によって色んな理由があるけどね。あなたの場合はマイナス思考なのよ。」

 

患者さん
「私がマイナス思考?あ、確かにそれよく言われるかもしれない。」

 

橋本
「例えば、人と喧嘩してしまった時にさ。私のせいだ!って強く思う人と、そうでない人のどっちが強いと思う?」

 

患者さん
「確かに、人のせいにできる方が強いぐらいだと思う。」

 

橋本
「そそ。人は自分の性格で辛くなっちゃってる所があるのよ。だから、強くなりたければ、マイナス思考をプラス思考に変えていく必要があるんだわさ。大丈夫大丈夫、あんたはきっとプラス思考になれるさ。いい方法を伝授してあげよう。」

 

患者さん
「やり過ぎないでね。先生ぐらいまでプラス思考を強くして言ったら、私すごい悪魔になっちゃう気がする。きゃー怖い(;´Д`)」

 

橋本
「おいこら、どういう意味だ( ゚Д゚)」

 

 

という事で、今回はマイナス思考の人が、メンタルを強くするための日記の書き方を伝授したいと思います。




☆マイナス思考は疲れやすい

まずは、マイナス思考について考えてみたいと思います。

 

人間は生きていく上で、沢山の障害とぶつかります。

 

例えば、風邪をひくこともありますし、上司や家族とぶつかる事もあると思います。

 

その度に、人は苦しんだり、悩んだり、成長したりします。

 

その、人が生きていく上でぶつかる壁の事を、まとめて「ストレス」と呼びます。

 

身体にとってぶつかる壁は「身体的ストレス」と呼び、心にとってぶつかる壁は「精神的ストレス」と呼んだりします。

 

そういったストレスにぶつかった時に、マイナス思考の人は、嫌な方向に考えてしまう癖がついているかもしれません。プラス思考の人と比べてみましょう。

 

ストレス(出来事) マイナス思考の人 プラス思考の人
風邪 どうしてこんなに辛いんだろう 普段から健康に気をつけよう
食事 美味しくないなあ むしろこれは話のネタになる
喧嘩 悲しいなあ この人の新しい一面を見る事が出来たし、もっと仲良くなれるかもしれない
遊び 遊び自体つまらないなあ 友達といるのは楽しいなあ

 

考える癖というのは、遺伝や生活してきた環境で作られてくるものです。

 

それらは、物心がつくまでは、自分でコントロールするのは難しいので、とても理不尽だったりすることも多くあります。

 

しかし、それで諦めてしまっては、それこそ悲しいです。

 

このコラムを利用して、マイナス思考をプラス思考に変えていきましょう!




☆マイナス思考の人にとって、日記は強力な武器!

自分の考え方をより良い方向に修正していく時に、昔から認められているすごい方法があります。

 

それは日記です。

 

日記を書く女性は多くなっていると言われていますが、マイナス思考を治せるという理由で、日記を書いている人は少ないかもしれません。

 

そこで、日記を書くことでどのようにマイナス思考を治していけるのか、医学的に教えたいと思います。

 

①起こった出来事について、プラス思考に考える癖がつく

当たり前ですが、日記を書くときは、その日に起きたことについて振り返って言葉にして書くと思います。

 

その時「言葉にする」ことで、見えてくることもあるのです。

 

簡単な例を挙げてみたいと思います。

 

朝、学校や職場で、仲間に嫌な事を言われたとします。

 

そして、その一日は気分が落ち込んでしまいました。

 

その時には「嫌な思いをしたなあ。なんでそんな事を言うんだろう。悲しいなあ」と感じます。

 

普通はそれで終わりになりますが、そこでもし日記を書いていると、続きが出てきます。

 

「そうか、あの時は悲しみでいっぱいだったけど、冷静に考えてみると、あの人は前から言いたい放題で、周りも困ってしまう事があったわ。あの人の言葉に一喜一憂していても、振り回されてしまうだけだわ。気にし過ぎないように気をつけるようにしましょ。」

 

このように、日記を書く事を繰り返すことで、冷静になれる時間がどんどん増えてきて、普段からストレスに強くなる事が出来るのです。

 

②自分がどれだけマイナス思考の癖があるか、知ることが出来る

日記を書くときに、その時の出来事を振り返る事で、自分がどのように考えているのかを知る事が出来ます。

 

つまり、自分の性格が分かるようになります。

 

例えば、先程の例で、日記を書いてみ見ましょう。

 

「そうか、あの時は悲しみでいっぱいだったけど、どうしてそこまで落ち込んでしまったのかしら。そうか、私はすぐにマイナスに捉える癖があるけど、あの人の言った事は、私のためを思っていった事で、悪意のある言い方じゃなかったわ。やっぱり私はすぐにマイナスに捉えてしまう癖があるなあ。気をつけなくっちゃ。」

 

このように、自分の性格が分かる事で、外からのストレスに強くなれるという事です。

 

日記はそのための大きな武器になるんです。

 

③これから起こる事に対して、プラスに考える準備をしておける

最後に、日記を書くことで、「これから起こる事に対して、プラスに考える準備をしておける」という話をしておきたいと思います。

 

ちなみに私は、マイナス思考の人にとって、これが一番大きなメリットだと思います。

 

先程の例を使って、日記を書いてみましょう。

 

「よし、私の弱い部分が良く分かったわ!むしろ今後のためには、とても出来事だった!もし同じような事を言われたら、このギャグで笑いに変えちゃお~♪」

 

このように、日記を書いておけば、あらかじめ対策をしておく事が出来るので、心の準備をしておくことが出来ます。

 

日記を書く癖がついていると、色々な出来事に準備をすることが出来るので、どんどんプラス思考に変わっていく事が出来ます。

 

是非試してみてくださいね。