健康ブログ

《医師直筆》ストレスに強くなる方法は、どんどん解決する力

からだプラン編集部

こんにちは、からだプラン代表医師の橋本です。普段は総合診療医として働いています。

 

先日、「先生のコラムを読んで、ストレスとは、生き続けるのに邪魔なものである、ということは分かりました。でも、そのストレスにどうやって対処すればいいのか教えてほしいです」という質問を頂きました。

 

そこで、今日は新たに、一つのストレスを対処する方法を伝授したいと思います(*^-^*)




☆ストレスとは、生き続けるのに邪魔なもの

まずは、ストレスとは何かについて考えてみたいと思います。

 

人間は生きていく上で、沢山の障害とぶつかります。

 

例えば、風邪をひくこともありますし、上司や家族とぶつかる事もあると思います。

 

その度に、人は苦しんだり、悩んだり、成長したりします。

 

その、人が生きていく上で大変な障害の事を、まとめて「ストレス」と呼びます。

 

身体にとってのストレスは「身体的ストレス」と呼び、心にとってのストレスは「精神的ストレス」と呼んだりします。

 

それらも含めて人の生きる道なんだ!人生とはそういうもんだ!と片付けられてしまう事もありますが、あまりに強いストレスは、生きるために大きな障害となり、前に進めなくなってしまう事もあるでしょう。

 

強い身体的ストレスであれば動けなくなってしまいますし、強い精神的ストレスであればうつ病になってしまうかもしれません。

 

まとめると、「ストレスがあるのは仕方ないですが、それが強すぎると生きるのに困難になってしまう」という事です。




☆精神的ストレスの対処法

それでは、精神的なストレスを対処するときに、具体的ににどんな力を身に着ければいいのでしょうか。

 

今回ご紹介するのは「解決する力」です。詳しく説明したいと思います。

 

人間は生きていると色々な出来事があります。

 

その度に、様々な方法で解決して、前に進むことが出来ます。

 

前に進めている間は問題ないのですが、時々自分にとって困難な出来事に出会った時に、ストレスを強く感じてしまう事があります。

 

え、これどうしたらいいの?え、分からない」という感じです。

 

例を挙げてみたいと思います。

 

ある女性の会社員がいるとします。

 

その人は元々、頭を使うというよりは体が先に動くタイプです。

 

本人曰く、あまり勉強は好きではないと言います。

 

その人が、ある仕事で失敗をしてしまって、大きなショックを受けてしまいました。

 

上司にもカンカンに叱られてしまいました。

 

後からお客さんに訴えられてしまうかもしれないという事です。

 

「私はどうしてこんなに駄目なんだろう」

「今回ぐらいはきちんと考えて反省しろって言われてしまった…」

「今までこんな事なかった…」

「私バカだから分かんないよ、誰か助けて…」

「これからどうしていけばいいか分からないよ…」

 

そして、徐々に元気がなくなってしまい、仕事を辞めてしまいました。

 

人は、どうしたらいいのか分からなくなった時に、解決する方法が分からなくて、大きなストレスを感じてしまうのです。




☆「解決する力」とは何か?

ここで、ストレスに対処する力の一つ、「解決する力」をご紹介したいと思います。

 

解決する力というのは、ある問題にぶつかった時の「選択肢」の事を言います。

 

選択肢は人によって違い、数が多ければ多いほど良いです。

 

例えば、次のようなものを言います。

 

・経験
・お金
・仲間
・知識
・宗教
・哲学
・物   、、、etc

 

もし、先程の女性が「解決する力」を持っていたら、次のようになります。

 

「前にも同じ経験したことがあるなあ。あの時と同じで何とか出来るだろう」(経験)

「大きな問題に違いは無いが、今回の場合、最終的にはお金で解決できる話だから安心だ」(お金)

「確かに大きな問題を起こしてしまったが、あの弁護士さんに相談すれば大丈夫だ」(仲間)

 

このように、問題が起こった時に、様々な選択肢があると、大きなストレスを和らげることが出来ます。

 

これを「解決する力」と呼びます。




☆解決する力を増やす方法

では具体的に、解決する力を増やす方法をご紹介したいと思います。

 

それは「手帳を埋めるようにする」という方法です。

 

なんで手帳と解決する力がつながるの?と疑問に思ったのではないでしょうか。

 

少し詳しく説明します。

 

まずは下の図を見てみてください。

ぼかしてありますが、沢山のスケジュールが埋まっています。

 

そして、それは沢山の経験に代わり、困った時の選択肢である「解決する力」に変わるのです。

 

人は一度も経験したことが無ければ怖いなと思い、何十回も経験したことは大丈夫だと感じます。

 

それを、手帳という武器を使って、経験を増やしていこうという方法です。

 

しかし、ここで一つ注意が必要です。

 

「よっしゃ!沢山の経験をして強くなろう!」と意識しすぎると、うまくいかない事があります。

 

なぜなら、人は挑戦する時にも大きなストレスがかかってしまうからです。

 

うまくいっていない時や、うつ病と診断されている場合には、思い切り頑張ってはいけません!自分で整理したり、何も考えない休みの日を作る事も、スケジュール作りの一つです!絶対に焦ってはいけません。

 

「この日は一人でゆっくり休んで整理するから、携帯の電源はオフっ」

「4日間頑張った後の日は、スーパー銭湯か温泉に行くんだ~♪」

「嫌な試験の後には、ディズニーランドが待ってる(*´▽`*)」

 

という予定を書き入れてしまいましょう。

 

それも立派なスケジュール作りです。

 

参考として、下に色々なキーワードを書いておきますので、「あ、これならスケジュールに入れられそうだな」と思ったものは、取り入れてみてください。

 

アルバイト、旅行、カラオケ、言ったことのない場所で食事、散歩、読書、本屋さん、美容院、服屋さん、友達、漫画、靴屋さん、かばん屋さん   …etc

 

靴屋さんや服屋さんは、買うと使いたくなるので、外に出る回数が無意識に増えます。

 

外での気分もハッピーになりますので、色々な発見があります。

 

また、本や漫画も、自分の理想像や知識が得られるので、解決する力はすごく身につきます。



他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません