病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

冷え性ってどんな症状のことをいうの?改善したほうがいい?

お風呂に入ってもすぐに手足が冷える、便秘や下痢になりやすい、布団に入っても手足が冷えて眠れない、このような症状はありませんか?

 

それは、冷え性の症状かもしれません。

 

こちらでは、冷え性とはどんな症状のことを言うのか、また、改善したほうがいいのかどうかといったことについて解説します。

 

■冷え性の症状はコレ!当てはまるかどうかチェックしてみましょう

 

冷え性の症状とは、以下のようなものです。当てはまる箇所がある人は、冷え性になっている可能性がありますよ。

 

・寒くはないのに、手足が冷たい

・冷房にあたると具合が悪くなる

・寝るときは夏でも靴下をはく

・便秘や下痢になりやすい

・何をしても痩せない

・いつも顔色が悪い

・下腹が冷えていて生理不順がある

 

〇ひとくちに冷え性といっても種類があります!

ひとくちに冷え性といっても人それぞれ症状が異なり、末端が冷えるタイプと下半身が冷えるタイプ、内臓が冷えるタイプがあります。

 

▲末端が冷えるタイプ

血液ドロドロ、細い血管により血行不良が起こり、結果、冷え性になっている状態です。

 

ヒトの体は内臓を温めようと体の中心に血液を集中させるため、手足などの末端に熱が行きわたらないため、手足の先が冷えるのです。

 

手足指のマッサージをしたり、意識的に動かすなどして血行を高めましょう。

 

▲下半身が冷えるタイプ

骨盤のゆがみが原因です起こる冷え性です。

 

姿勢の悪さ、足を組む癖がある、同じ方向を向いて寝るなどにより、体や骨盤がゆがむことによって下半身の血行不良が起こります。

 

代謝が悪くなるため、セルライトがつきやすく、体の冷えを悪化させます。正しい姿勢、半身浴などによる代謝アップが必要です。

 

▲内臓が冷えるタイプ

ストレスが関係する冷え性です。

 

自律神経の乱れにより、内臓に血液が集まらず、冷えが起こり、体のだるさ、風邪をひきやすい、下痢などの症状が現れます。

 

ショウガなど、体を温める食べ物を摂るといいでしょう。

 

■冷え性の症状が悪化すると大変!改善しましょう

 

冷え性になるということは、血行が悪くなっているということです。なので、体内の老廃物がたまりやすくなります。

 

なので、冷え性は、たるみや下半身太り、貧血や疲労、腰痛、肩こり、頭痛などの症状を引き起こすほか、アレルギーや糖尿病、関節リウマチや心疾患などが現れるリスクがあります。

 

また、だるさやめまい、頭痛などが続くと、うつ状態になったり、血行不良によって不妊になったり、細胞ががん化するリスクも高まるとも言われています。

 

ですから、冷え性の症状がある方は、その冷え性が慢性化しないように改善に努めましょう。

 

冷え性の症状を改善するには、食事、運動、入浴です。さらに、ビタミンサプリメントや、灸、漢方薬を使用するのも良いでしょう。

 

■まとめ

 

冷え性の症状には、手足や内臓の冷え、下半身の冷え…など「冷え」症状だけでなく、重症化すると風邪をひきやすい、頭痛、下痢、集中力の低下、疲労、不眠、肥満などといった様々な症状が出てしまう可能性があります。

 

ですから、入浴や半身浴、適度な運動、食事などの生活習慣を見直し、冷え性の症状を改善するように努めましょう。

 

夏場のクーラーや雨に濡れた後の体の冷えにも気を付けてくださいね。体を冷やしてしまうことを頻繁に繰り返すと、冷え性の症状が慢性化・重症化してしまいますよ。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。